*

2015年2月

漫画雑誌、幕の内弁当の法則

全国的に日曜日ですが、痛車撮影会の特需が続いてることもあって 
朝からキャラステの取りこみとフルカラーの印刷と問合せメールの返信と。 
午後4時間ほど昼寝して、取りこみの続き。 
これからフルカラーの発送して炭酸パックしてから帰宅します。 


さて、漫画業界には「漫画雑誌、幕の内弁当の法則」という言葉があります。 
幕の内弁当には自分が好きなオカズ(←オナニーのネタのことじゃないよ)が三品目あると、その弁当を買った人はすごく得をしたような気がして、その弁当を特に美味しかったと思い、次回もその弁当を買いたいと思うのだそうです。 

しかし、どんなに美味しいオカズが入っていても、それが1~2個ではちょっと物足りないと感じる、ということから、その漫画雑誌に、目当ての漫画が1~2作品では雑誌を買ってくれないが、3作品あるとコミックまで待って立ち読みで済まさずに雑誌を買ってくれる、ということから「漫画雑誌、幕の内弁当の法則」と呼ばれているのです。 

雑誌の中には、弁当の中のウメボシやタクアンのように、それを目当てで買う人はいなくても必要な作品もある、という意味も含まれています。 
漫画研究会に所属してるような辛口評論家君の中には、そういう作品に妙に手厳しい人もいますけど、弁当に必ずウメボシや漬物がちょろっと入ってるように、雑誌という単位で見ると、そういう作品は必要なんですよ。 

(ところで25年くらい前の少年サンデーに「少年漫画雑誌で最後の4コマ」と呼ばれていた「ぶりっこミミちゃん」という作品がありました。当時、他の少年誌からは4コマは絶滅していたのです。現在は知りませんが。で「ぶりこミミ」は正にそのウメボシ的な作品でした。高校生の私の口には合わなかったですねー。今でもどうかと思いますがー) 

で、私は漫画雑誌を買わなくなって久しいのですが、最近立ち読みを始めた「刃」というチャンバラ漫画専門誌(目当ては師匠の「子連れ狼」ですが)をちょっと買って帰ったところ、妻がお気に入りのスメラギなつみさんという作家さんも描いていると判明。刃の連載作品では「桃太郎侍」もお気に入りなので、これで三作品。オカズ3つです。 
しばらく「刃」を買ってみようかなと。 
三作品とも師匠の原作ですが。


神奈川撮影会とか

3月発売予定の痛車グラフィックの神奈川地区の撮影会に見学とか営業とかに行ってきました。
相模湖はちょっと遠かったす。葛飾から中央高速に乗るまでが・・・。(地理が判る人だけ笑ってください) 
楽しかったすー。 
ぐんちゃんの紹介で、来週は茨城の撮影会まで出張予定。 
本が出たら各地区の集合写真に必ず写ってる40オヤジとしてネタに。 
あー千葉は行けなかったっけ。 


帰宅したら、妻が「そこの古本屋で”0嬢の物語”のDVDを見つけたから買って来い」と。 
75年のフランス西ドイツ版でした。 
0嬢の物語といえば、小説は日本では渋沢訳版が有名ですが、私の敬愛する千草訳版もあるのです。 
当時、雑誌での連載が打ち切りになったので、日本出版から出てる新書版(これはまだ入手できますので興味のある方はアマゾンへGO!)も尻切れトンボなのですが、千草版で特筆すべきは、直訳の渋沢版では1行で終わってる描写が、千草版ではしばしば2ページくらいに超訳されてることでしょうか(笑っていいですよ?) 
海外のSM小説は描写が妙に乾いてるんですけど、千草さんは羞恥描写が得意なので、そのあたりの心理描写ををねっちり細かく書かずにはおれなかったらしいのですね。 

基礎知識ですが、千草さんは作品中で女性に「かんにんして・・・」と言わせるのが通例となっております。 
未亡人でも若妻でも女子高生でも、とにかく「かんにんして」です。生前から方々で「女子高生がンなこと言うか!」としばしばネタにされておりましたが、 若さとかってあんまり関係ないんですかね。今どきの高校生はゼファルリンなんかも飲んでたりしますからね。高校生からゼファルリンってなんか早い気もするけど。

だが、そこがいい! 

そんなわけで、この0嬢の物語でも原作では全くセリフのないシーンでも、多分フランス人の0嬢の口から「かんにんして」が発せられます。 
そんなとき 

「かんにんしてキター!」 

と楽しむのが通です。


経営管理ビザの勘所

経営管理ビザを申請する場合には、事務所の確保も大切ですが、その事務所でそのビジネスがまわるのかということも大切です。経営管理ビザの申請の場合、たとえ1億円の売り上げがあったとしても、その売上が1回の簡単な取引で計上されたものならば何人もの外国人をその会社で雇うことはできません。

経営管理ビザに関しては、私も素人なので、入管の人に聞くとか、知り合いの行政書士さんをお願いするとか工夫は必要でしょうね。経営管理ビザ


探偵は地理に詳しいことが必須

探偵になれそうな人の一つの条件として地理に詳しい必要があると思います。探偵業をしていてよくあることは人の追跡調査があると思います。この場合、その人物がどこにいるのかということが分かれば直ちに現場に急行するものと思います。よって全国各地を飛び回る必要があると思われますので、地理に詳しいことは探偵として必須条件に思います。また地理に詳しいことは交通機関にも精通して把握しておかなくてはいけないと思います。 住所がわからない

やらないわけにもいかない

むだ毛処理を全くやらないわけにもいかないので、うちで鏡の前で三角座りをして、どんなことがあっても他の人に見られたくない体位になり、毛抜を使い一本ずつ抜いています。我流のケアではメンテナンスの時間もおよそ20分もかかる上に、この姿勢はものすごくしんどくて体が痛くなるし、いくら抜いたとしても一週間もすればチョロチョロと伸びて来てしまいます。この本当にしんどい脱毛から解放されるには、もうサロンでしっかり施術してしまうのが一番簡単なのは分かっているのです。どうにか脱毛エステに申し込むきっかけを掴みたい、このところそう考えます。http://ミュゼ広島-脱毛.biz/ 最近VIOラインのむだ毛を悩みにしているのですが、エステサロンで脱毛するのは、仮に担当の方が女の方であってもしり込みしてしまいとてもじゃないけれど通う決心がつきません。VIO脱毛・ハイジニーナ脱毛などは、随分と認知度が上がってきました。私の回りの友人達ですがもうすでに何人かがお店で施術しています。友人たちは口々に「ホント恥ずかしくないよ~」と言いますが、しかしながら私はVIOの部分を見られる事に対して物凄い抵抗があります。

ミラ・ジョヴォヴィッチを

躊躇すること無くラメ入りのボディークリームを買ってきました。この夏はラメを肌にまとわせ、はなやかな女を気どることができると思うと、本当に楽しみですね~♪ついに化粧品ショップに体用のラメを見に行ってきました!夏こそキャミソール型ドレスやスリップドレスなどの、「肌見せ」ファッションを心行くまで満喫したいので、ボディラメを腕やデコルテライン、背中などにたっぷりと施して、ミラ・ジョヴォヴィッチみたいに輝かしい女を演じてみたいと思ったからです。ミュゼ自由が丘 じつはラメを身体に塗る時には、体毛があるだけでしっかりラメが付かないんですが、事前に全身脱毛をしておくとこのような場合でもメリットがあるのか~と、感激してしまいました。ここ最近はラメパウダー、ラメ入り乳液、ラメ入りのクリームと多種多様なコスメが売られていて、みんな素敵でものすごく迷います~。お願いして化粧品ショップの店員の方に、お試しとして素肌に塗布してもらいました。昔から私は美容脱毛サロンに通っていて、腕や背中、ワキ、足、Vラインとしっかり脱毛処理してスベスベ素肌だったので、その美容部員の女性の方に、とてもキレイな素肌ですね!と言ってもらい、何だかとても上きげんになりましたね~艶のある美肌をさまざまなところで魅せる事ができるから、脱毛専門店に通っていてホントに良かったなと実感しています。

探偵とストーカーは紙一重。

探偵に慣れそうな人は、他の人の行動について常に観察する力をもっており、その行動に少しでも、違和感を感じると、それがいったいなんなのか、謎を解き明かすことが、出来る人だとおもいます。いろいろな事に興味を持ち、知識が高いひとは、探偵に向いていると、思いました。 さりげなく変装が出来て、相手に分からない様に常に見張り続けれるような人は、紙一重で、ストーカーに近い部分もあるが、相手に危害を加えさえしなければ、探偵になれます。 不倫の証拠 プロ

プロポーズの方法を考える

プロポーズの方法を考えています。

花束持って、プロポーズとか思っていたのですが、

それだけで良いのかなと、

東京でフラッシュモブプロポーズを見て思いました。

 

どうせなら、思い切った事をやった方が良いんでしょうか。

 

なかなか加減が難しい気もしましたが、

やると決めたなら、

思い切った事を考えた方が

分かりやすいのかなとも思いました。

 

出来る事、出来ない事はあるのですが、

出来る限りの事を考えてみたいと思いました。

どういうのがベストでしょうか。

 

参照:azukichi.net/season/img/spring/spring-back012.jpg


プロポーズしたいと思ったら

プロポーズしたいと思ったら、

サプライズとか考えた方が良いんでしょうか。

 

大阪駅フラッシュモブプロポーズを見て思いました。

今どきはやっぱり、

こういうのが大事なのかなと思ったりします。

 

そうした方が後で思い返した時に、

良い思い出として残るのかなと思いました。

 

どういうサプライズにするのかと言うのは、

考える余地がありそうですが、

やはり感動的な物にしたいなと思っています。

そうすることが一番だと思いますので考えてみたいです。

 

参照:www.wanpug.com/illust/illust3007.png


シンプル イズ ザ ベスト!

私のお金に関する新年の抱負は、ずばり「シンプル イズ ザ ベスト」です。 去年は、何かと入り用だったことを口実にあれもこれもと立て続けに購入してしまいました。結果、毎月カツカツの生活になってしまい、貯金もままなりませんでした。 なので、今年は節約と貯蓄を心がけていきたいと思います。購入しないといけないものはよく考えて、必要最低限のものだけを購入してシンプルな生活を送っていきたいと心に誓いました。 最小限のシンプルな生活、実践していきたいと思います! ファイナンシャルアカデミー